<   2006年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

三日目四日目

またちょっと時間が経ってしまいましたが、東京の続きです。2日目の夜は親戚の家に泊まりました。そして、3日目は朝から東京観光。大学の授業のある高校時代の友達を無理やり呼び出して東京タワー→靖国神社→表参道ヒルズ→六本木ヒルズという感じで大都会東京を散策しました。

東京タワーは思ってたより良かったです。富士山は見えなかったけど意外と東京中見渡せました。今は一つ一つのエリアに対して何の感情も持ってないので街としての印象は「都会」という以外特にないけれど、来年東京で暮らすことになったらまた違う風に感じるんでしょう。今度は夜景も見たいです。

靖国では参拝はせずに遊就館へ。日清・日露戦争のドキュメントみたいのがスクリーンに流れていたんですが、「秋山名参謀の丁字戦法により、ここに帝国海軍はバルチック艦隊を撃破!!!」みたいなテロップとナレーションに衝撃を受けました。まあアレはやりすぎにしても戦前・戦時下の日本賛美と受け取られかねない展示が色々と目に付きました。首相の靖国参拝については色々な意見があると思いますが、自分としては、第二次大戦で無くなった人々とその遺族への配慮という面から考えても、当分は新首相の方針のように曖昧にしておくのが一番いいんじゃないかと思います。分祀も選択肢の一つかと思いますが、中国との関係修復が期待できる今の時期にやる必要もないんじゃないかと。まあ、どちらかと言えば保守的な考えの僕個人としては他国が云々言う問題では無いと思ってるんですけどね。靖国はそんな感じで色々と考えさせられる場所でした。

表参道ヒルズはあまりぱっとせず。別に建築に詳しいわけでもなんでもないんですが、安藤忠雄は商業施設にあまり向いていないのかなぁ、と感じました。

そして最後は六本木ヒルズ、友達とはここで別れ、叔父と叔母と食事をしました。来年僕が働くことになる業界で20年近くのキャリアを持つ叔父に色々な話を聞いて大変参考になりました。僕の目標です。あと、どうでもいい話ですが、帰りに雑誌LEONの編集長を見ました。やっぱりちょい悪親父。んで、三日目の夜は留学時代の友達の家に泊まったんですが、快適に過ごせました。有難う、つよぽん。

そして四日目。昼間はダラダラして何もしなかった(今考えると浅草に行くべきだった)んですが、夕方から飲み会でした。留学時の友達数名+同じ大学の大学院に通っていた先輩と飲んだんですが、その先輩は凄くインテリジェントだけど面白い人で、いい話がたくさん聞けてよかった。是非また飲みに行きたいです。

こんな感じで中々内容の濃い東京旅行でした。お世話になった人たち有難う。
[PR]
by fujisho3 | 2006-10-18 01:18 | 日々

手前味噌

c0063671_20264131.jpgどうも、少し寒くなってきましたね。前回の日記で書いたように東京へ。

○初日
大都会ではなく大自然溢れる多摩市の研修所で内定式。東京でもあんなに緑が多いところがあることにびっくりしました。肝心の内定式は役員の話と事務連絡で意外にあっさりと進行。書類にサインをしてようやく内定を貰った実感しました。ちなみに、何故か役員の一人が給料についてやたら熱を入れて話していた。「俗な話ではありますが・・・・・」を連発。入社前までに外務員一種・二種両方取らなければいけないようで萎えたけど、その後の懇親会でがっつり食って飲んで楽しんで来ました。んで、そのまま研修所に宿泊。

○2日目
軽く二日酔い気味だったけど、朝7時半ごろ館内放送で起床。

「昨日の懇親会場でビール瓶と栓抜きを持って帰った人はただちに返却をしてください・・・・」

栓抜きを持って帰ったのは自分だったけど、どこかの部屋に置き忘れたのでそのままチェックアウト。人事様申し訳ない。後から聞いたら同じ関西の内定者の同期が瓶をゴミ箱に捨てて帰ったらしい。笑 研修所を後にしたら内定者で兜町の東証arrowsへ。マーケットセンター(写真)は中々感動もの。証券取引や経済に興味がある人は是非行ってみるのをオススメします。ツアー客が昔の場立ちのサインの説明を聞いていたので盗み聞きしてたんだけど、例えば鉄鋼関係の株の売買のサインは手の甲を叩くとか、単純だけど中々面白い。

んで、東証を出たらそのままスーツ姿の男9人で秋葉原のメイド喫茶へ。

「ご主人様のコーヒーに愛情込めますね!萌え~萌え~」

とか言われて返答に困る。まあいい社会経験にはなったんじゃないかと思います。笑
締めはカラオケで和気藹々と楽しみました。

3日目4日目へ続く・・・。
[PR]
by fujisho3 | 2006-10-07 20:30 | 日々