Election 2005

c0063671_7515244.jpg

選挙。イギリスに来て初めて新聞を買いました。
ちなみにコレを書いているのは夜の12時ですが、まだ結果は出ていません。正直な話Labour、Conservativeどっちが勝とうと短期滞在の自分にはあまり直接的に影響のない話だと思うんだけど(それよりもむしろ為替のほうが自分にとっては大問題!)、イギリスの学生の政治に対する姿勢には驚かされます。みんな選挙の特集なんかのテレビを食い入るように見てたりします。

授業でもタイムリーな選挙や政治に関する話題を扱ったりしてるんですが、一つだけ日本が見習えばいいのになぁ、と思う制度がありました。

イギリスにはMP's Registerという情報公開の制度があります。
これは政治家がどこから収入を得たり、どういう団体(国・企業)とつながりがあるかを明示しているもので非常に個人的な情報まで載っていて、イギリスの議会のHPから簡単に見ることが出来ます。

例えば3期目に王手を掛けているブレアさんのところを見てみると

BLAIR, Rt. Hon. Tony (Sedgefield)
6. Overseas visits
December 2004, while on holiday in Egypt I visited King Abdullah of Jordan for official talks. The King provided the return travel arrangements for the visit and a sightseeing tour of Wadi Rum for my family who accompanied me on the day. (Registered 17 January 2005)
7. Overseas benefits and gifts
July/August 2004, accompanied by my family I spent 18 nights as a guest at a private villa in Barbados. I have made a charitable donation to a charity chosen by Sir Cliff Richard, the owner of the villa, in lieu of the cost for this accommodation. I paid for all other expenses, including flights. (Registered 17 August 2004)
16 August 2004, while on holiday in Tuscany, I visited Prime Minister Berlusconi in Sardinia for talks. The Italian Government provided the travel arrangements for the visit and accommodation for an overnight stay which included my wife who accompanied me. (Registered 17 August 2004)
8. Land and Property
Two flats in Bristol for which rental income may be received.
A house in London for which rental income may be received.

http://www.publications.parliament.uk/pa/cm/cmregmem/050128/memi02.htm
という具合にバカンスの旅費を誰が負担したのか、どういう不動産を所有しているのか、までかなり詳細に書かれています。政治の透明性を高めるという意味で、日本にもこういう制度があればもうちょっと皆政治に参加しようと思うんじゃないかなぁ・・・・。

あ、更新遅れててスンマセン。

追記 am2:00、大方の予想通りLabourの勝利が確定しました。議席を大幅に減らしたみたいですが、ブレアさんがlabour史上初の3期続投です。イラクより経済が重要事項なのね、当たり前だけど。イギリスの政治ついてはまた触れたいと思います。
[PR]
by fujisho3 | 2005-05-06 09:05 | 日々
<< ふーむ 高ぇ!! >>